TOP > ハローキッズ便り

■メインの内容です。

ハローキッズ便り

『生活発表会のご参加、ありがとうございました。』

 一年の中でもっとも寒い2月となりましたが、暦の上ではもう春です。 日も少しずつ長くなり木々の芽もふくらみ始め春の訪れを教えてくれています。  しかし、近隣の小学校、保育園ではインフルエンザが流行しているようです。 園内でも何人か、かかっています 引き続きうがい、手洗い、アルコール消毒をし、予防をこころがけていきます。

1月に行われた生活発表会には、沢山の方々にご参加いただきました。
子ども達は、いつもと違う環境の中での発表でしたが、友達と共に表現をし、行っていました。
一生懸命な姿や歌声が心に響き、思わず涙が出てしまいました。
この生活発表会は、日頃の生活の延長線上にあるものです。
毎日友達と関りいろんな気持ちと出会い、考え、一つ一つ壁を乗り越えています。
結果も大切ですが、そこにいくまでの経過を一番大切にしたいと考えています。
またこのような行事などでお子様のと成長をお見せできたらと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

やっと秋がやってきました

暑さが続いた9月でしたが、ようやく朝夕心地よい風が吹き、秋の訪れを感じるようになりました。
園庭の金木犀も可愛らしい花とよい香りで子ども達に秋の訪れを伝えてくれています。
先日、小雨の降る中、近隣の小学校体育館にて運動会を行いました。
運動会の設営に朝早くからたくさんの保護者の皆様にお手伝いをしていただいたり、競技中のお手伝いをしてくださったり、運動会をスムーズに行えるよう、協力をしていただいたおかげで、子ども達はとても楽しそうに、そして最後まで力いっぱい行うことができました。
今回の運動会に向けて行ってきたことや、日頃の体操で培った柔軟性、瞬発力も年齢ごとに表現ができたと思います。
閉会式の際、5歳児代表の子ども達がいった言葉で「一生懸命頑張りました」と言っていました。
初めての会場で、たくさんの保護者の方の前で行うことはとても緊張したことでしょう。
しかし、子ども達が一生懸命できたのは、たくさんの応援、頑張ったことに対し、たくさんの拍手があったからできたと思います。
今回の運動会を経験した子ども達は、頑張ることはどんなことなのか、頑張ることがなぜ大切なのかを子ども達なりに理解できたと思います。
これからも、子どもたちの意欲や持てる力を認め、充分発揮できる場面をつくり、そして、保護者の皆様と子ども達を応援していきたいと思います。

『2学期がスタートしました♪』

暑かった夏も朝夕になると心地よい風に変わり、ゆっくりと秋の訪れを感じるようになりました。
今年は次々と台風が発生し、子ども達が大好きな園庭遊びができませんでしたが、逆に室内遊びが充実していました。
さて、9月になり、2学期がスタートしました。
園内では、10月に行われる運動会に向けての取り組みが多くなります。
運動会と言う行事を通して友達と協力する大切さ、挑戦しようとする意欲の大切さ、まだできない友達を助けようとするいたわりの気持ちなど、たくさんの思いを経験できると思います。
一つ一つの思いを一緒に受け止めながら2~5歳児運動会を経験させていけたらと思います。
0,1歳児は運動面の成長が見える内容で保育参観があります。
心と体が大きく成長する2学期。
2学期も元気いっぱい過ごしていきます。
また、夏の疲れも出やすい時期となります。
一人一人の体調面にも留意しながら、保育を行っていきます。
ご家庭でも十分な休息が取れるよう、ご協力をお願い致します。

『もうすぐ梅雨明けです』

園の畑では、じゃがいもや二十日大根が順調に育ち、子ども達で収穫を楽しんでいます。
たねうえの際、栄養士による野菜の栄養について話を聞いたり、どんな風に食べたらおいしいかを教えてもらった子ども達。
早速収穫した二十日大根を持ち帰り、おいしく食べたことを話してくれました。
普段、食べない野菜も自分で育てた野菜は一味もふた味も違ったことでしょう。
きっと魔法のエッセンスがかかっているのでようね。
だんだんと夏が近づき、蒸し暑い日が続きます。
汗をかいてあせもができやすくなります。
こまめに着替えをしたり、熱中症にも注意し、水分補給を心がけ、涼しい場所で遊んだり水とふれあい楽しさ・気持ちよさを体験できるように行ってきます。
また、暑い夏を元気にのりきるために、「早寝早起き・朝ごはん」を意識し、子ども達が夏を楽しめるようにしたいですね。

『ゆっくりと春がやってきました♪』

ゆっくりと春の日差しが差し込むようになり、季節の移り変わりを感じるようになりました。
子ども達の成長と同様に今年もあっという間に今年度最後の月を迎えました。

期待と不安でスタートした4月から友達同士との関りや活動を通して沢山の経験をしてきました。
経験を通し、嬉しさ、悔しさなど友達と共に感じることができたでしょう。
そして一つ一つの経験が心の成長へと繋がっていきました。
その成長を認めてもらうことで安心感と自信へと繋がり、次へのスッテップへと踏み出す勇気が得られます。
次への準備ができた子ども達。
小さな、でもたくましくなった背中をそっと押してあげてくださいね。

今、進級、進学に向けて時間があっという間に過ぎてしまう感じがありますが、心と体の成長を感じながらこの一年間を振り返り、一日一日を子ども達と共に過ごして行きたいと思います。

■メインの内容が終了しました。 ↑ ページの先頭へ

■メインメニューです。

■ページコンテンツの最後です。 ↑ ページの先頭へ

Copyright 2012 (c) HELLO KIDS. All rights reserved.
山万グループ

■ページの最後です。 ↑ ページの先頭へ